日系卸売業社のKURASHICO 「ベトナムに新しい文化を」 革本来の質感を楽しめるフルアニリン製法の財布 ・カードケースを取り扱い開始

日系卸売会社、KURASHICO Co.,ltd (住所:123 Bach Dang, P.15, Q.Binh Thanh, HCMC、代表取締役:阿部 政幸、以下 KURASHICO)は、2019年11月下旬より*Hewa Leder GmbH (住所:Draisendorfer Weg 8, 95111 Rehau、以下HEWA社)のフル*アニリン製法の牛革を使用した財布とカードケースをお取り扱い開始いたします。

*アニリン製法
染料を染み込ませた革にアニリン染料をコーチングする製法。アニリン製法で加工された製品は、革本来のツヤが得られる反面スレや水分に弱いのが特徴。

*Hewa Leder GmbH http://hewa-leder.com/
(上) KURASHICO Original Cardholder (600,000VND)
(下) KURASHICO Original Wallet (1,200,000VND)
写真は全て中野崇之氏による (http://e-infil.com/)

■新商品取り扱いに至った背景
ベトナムでは近年、経済の著しい発展に伴い、消費者はより良いものを求める傾向にあります。そこでKURASHICOはお客様に新たな「良いもの」を知ってもらうべく、今回フルアニリン製の「KURASHICO Original Cardholder」と「KURASHICO Original Wallet」の取り扱いを開始いたしました。

■新商品の特徴
① 革本来の質感を感じられる フルアニリン製法で製造
今回取り扱う両製品共に、ドイツのHEWA社のフルアニリン製法で製造されています。フルアニリン製法では革の表面に顔料を使わず染料のみで着色することで、革が持つ本来のシワや模様がより深く残
り、100%天然の牛革の手触りを感じられる仕上がりになります。

② デザインと機能を兼ね備えたKURASHICO初オリジナルデザイン
「KURASHICO Original Cardholder」はKURASHICOが初めてオリジナルデザインで発売した製品です。側面に3つのポケットを持ち、表面には「KURASHICO」のロゴが印刷されており、デザインと機能の両面を兼ね備えています。

アニリン製法が感じられる革の表面

■代表の声
代表取締役 阿部 政幸
「今回、財布やカードケースの販売を取り扱いを開始したのには理由があります。本来、ソファなどの大型家具に使用されるフルアニリン製法の革を、雑貨品で手軽に手にとって体験していただきたかったからです。高品質でデザイン性の高いフルアニリン革の製品がベトナムで広く普及し、革本来の質感を直接肌で楽しむ文化が浸透することを願っています。」

■今後の展望
「KURASHICOの取り扱い商品は多岐に渡り、どれも選別にはある一定の基準を設けています。今後、品質やデザインに優れたメーカー様、製品の紹介を通じてより豊かな「暮らし」を提供していきます。」

■会社概要
商号:KURASHICO Co.,ltd
代表者:代表取締役 阿部 政幸
住所:123 Bach Dang, P.15, Q.Binh Thanh, HCMC
設立:2018年8月
資本金:100,000USD
事業内容:
① 輸入商品の卸売
日系メーカー製品を中心に、日用品や家具、住宅資材をベトナムの代理店に卸しています。
② 市場調査・コンサルタント
市場を調査し、ベトナム進出を試みる日系企業をサポートします。
URL:https://kurashico.vn/

■本件に対するお問い合わせ
担当者:阿部 政幸 (日本語)
TEL:077-260-8113
Email: masayuki.abe1980@gmail.com

担当者:Son (Mr) (ベトナム語)
TEL:035-200-7200
Email:kurashico.info@gmail.com

関連記事

  1. インドとベトナムの繊維・アパレル貿易が活況。ベトナムの生産環境問題クリ…

  2. フィリピン禁煙化、順調に進む 煙草パッケージのインパクトや価格値上げが…

  3. 2032年五輪招致へ。第18回アジア大会金31個でインドネシア総合4位…

  4. 【ミャンマー】ヤンゴンでオフィス物件の供給量が増加。2018年で3万平…

  5. 日本の働き方改革をベトナムへ輸出! NIKOMIXとベトナム会計事務所…

  6. 日系設計事務所WORKLOUNGE03‐ オーストラリア人共同とベトナ…

  7. フィリピン2019年の観光客増加に向け施設やイベント増加へ。サマル島へ…

  8. ミャンマー国内におけるEC普及における課題は、情報セキュリティと国民の…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE