ベトナム日本大使館、外務省Sports for Tomorrowなどから後援 ベトナム日本商工会議所主催の駅伝大会が2019年11月24日にハノイで開催決定

2019年11月24日に、ベトナム日本商工会議所(所在地:ベトナム・ハノイ、会頭:三浦 伸文)が主催する駅伝大会「日in越 EKIDEN 2019」がベトナム・ハノイにて開催されます。今回で4回目となる今年も、昨年同様、日系コミュニティや団体を中心に、ベトナム・ハノイに住む老若男女がランナーになります。そして昨年度に比べ、今年度は規模を拡大し、計70チーム計280名(昨年は計50チーム200名)の日本人・ベトナム人を募集します。

本大会のランナー参加申込は、コチラ→ https://www.jbav-ekiden.com/1

■概要
本大会はベトナムで増加する在留邦人が、多くの日系企業、団体等のチームでタスキをつなぎ、日越両国を越えた”つながり”を提供することを目的としています。
今年も昨年と同様、ブースや舞台パフォーマンスなど駅伝以外でも楽しめるイベントとなっています。ベトナムで生活する在留邦人が一堂に会する大会として日本発祥のスポーツである駅伝が遠く離れたベトナム・ハノイで行われます。

大会PV(日in越 EKIDEN 2018): https://youtu.be/tOzRdzhGrcg


昨年の日in越 EKIDEN 2018 大会の様子

順次、協賛企業や表彰物を「日in越 EKIDEN 2019」公式ウェブサイトにて掲載予定です。
https://www.jbav-ekiden.com


昨年度の協賛企業(一部) 計42社

■今年度も「SPORTS FOR TOMORROW」の認定事業に
本大会は、今年度も日本政府が推進するスポーツを通じた国際貢献事業「SPORTS FOR TOMORROW」の認定事業として許可を受けました。
「SPORTS FOR TOMORROW」は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が開催される2020年までに、官民連携のもと、開発途上国を中心とした100カ国・1000万人以上を対象に推進されるスポーツ国際貢献事業です。

■主管企業コメント
DAISEI VEHO Works 駅伝事務局 石井翔輝
「2016年から毎年行われてきております日in越EKIDENは今年で4回目を迎え、ハノイの大規模イベントの一つとして認知されてきています。これも団体、国籍を超えて協力してくださる参加者やボランティアの皆様、協賛企業様のおかげです。今年は昨年に比べさらに多くのランナーの皆様に参加していただく予定です。今後、日in越EKIDENを日本とベトナムの”つながり”を提供できる冬の風物詩として、さらに広く認知していただけるよう尽力していきます。」

■大会概要

開催日 2019年11月24日(日) AM7:00開場/AM9:00駅伝スタート
開催地 Yen So Park
種目 1.駅伝(一般の部)
2.駅伝(男女混成の部)
3.ちびっこマラソン
主催 ベトナム日本商工会議所(http://jcci.vn/ja/)
主管 Daisei VEHO Works Co.,Ltd(http://www.vehoworks.com)

■主催団体概要

名前 ベトナム日本商工会議所(JCCI)
所在地 Room605, Sun Red River Building, 23 Phan Chu Trinh St., Hanoi, VIETNAM
会頭 三浦伸文
設立 1998年9月
HP http://jcci.vn/ja/

■主管企業概要

名前 Daisei VEHO Works Co,.Ltd
所在地 207 Vệ Hồ, Xuân La, Tây Hồ, Hà Nội, Hanoi, VIetnam
代表 和島祐生
設立 2017年5月
HP https://veho.press
概要 ベトナムの日系初のプレスリリース配信サービスVEHO PRESSの運営ほか、ベトナム日本商工会議所(JCCI)主催のイベントの運営・主管を行う。

■大会公式ホームページ
https://www.jbav-ekiden.com
■本大会ランナー参加申込
https://www.jbav-ekiden.com/1
■お問い合わせ先
日in越EKIDEN2019大会運営事務局お問い合わせ:jbav.ekiden@gmail.com

関連記事

  1. パイプ切断の丸秀工機、ASEAN最大の工作機械見本市に参加 3日間で2…

  2. 新たな規制緩和の動き。ミャンマーで生産される21品目について、外国企業…

  3. フィリピン人口増加に懸念 背景にはローマン・カトリックの影響。地方司法…

  4. 14億円超の投資でヤンゴン管区内のバス停を近代化へ【ミャンマー】

  5. 2019年2月のPMI、ミャンマーがトップに。半年前には最下位に転落す…

  6. 桐原書店 フィリピンセブ島の語学学校FEAで「おもてなし英会話コース」…

  7. 理想的な世界移住国ランキングが発表!1位はやっぱりアジアのあの国

  8. 食品ごみで発電。シンガポール国立大学寮にスマホ充電施設

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE