【ミャンマー】スズキの新型エルティガ、一週間で4千台超の先行予約

4月26日の新型エルティガ発表会以降、一週間で先行予約が4,000台を超えたとスズキ・ミャンマー・モーターが明らかにした。

市場で人気のあるMPV(Multi Purpose Vehicle)で、価格も適正なことが要因とみられている。新型エルティガは、1,500CCのガソリンエンジンモデル。

プッシュスタート、パーキングセンサー、D型ステアリング、マニュアルエアコン、15インチエアロホイール、9インチタッチパネルなどの装備を備える。

スズキ社のティラワ工場の役員によると、通常1カ月1,000台の生産を1,200台に増産し、そのうち800台をエルティガの生産にあてる計画だという。

新型エルティガの工場出荷価格は2,720万チャット(=約196万円)。

現在ミャンマー市場の新車販売でトップを走るスズキが新モデル投入でライバルを引き離しにかかっている。

今後は他の自動車メーカーもミャンマー国内製造を開始しユーザーにとっての選択肢も増えることに期待したい。


写真:スズキ・ミャンマー・モーター社

関連記事

  1. ミャンマー第2の都市マンダレーにおいて北欧企業2社によるIoT技術の実…

  2. ASEAN諸国の女性起業家支援イベント「AJWELPビジネスプレゼンテ…

  3. 人種の「るつぼ」となっているシンガポール。国際結婚が増加傾向!イスラム…

  4. マレーシア、不法労働者の再雇用 6月打ち切りへ

  5. フィリピン気象変動による農家への影響が懸念 土地の少なさに対するサポー…

  6. ヨーロッパからの観光客をさらに増やすべく、タイ観光庁がミャンマーと協力…

  7. 変化する訪日需要 ベトナムや中国の外国人客数は?2018年から見る「爆…

  8. 故プミポン前国王陛下の命日近づく 国内外のタイ人・国内旅行客も「黄色い…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE