【ミャンマー】スズキの新型エルティガ、一週間で4千台超の先行予約

4月26日の新型エルティガ発表会以降、一週間で先行予約が4,000台を超えたとスズキ・ミャンマー・モーターが明らかにした。

市場で人気のあるMPV(Multi Purpose Vehicle)で、価格も適正なことが要因とみられている。新型エルティガは、1,500CCのガソリンエンジンモデル。

プッシュスタート、パーキングセンサー、D型ステアリング、マニュアルエアコン、15インチエアロホイール、9インチタッチパネルなどの装備を備える。

スズキ社のティラワ工場の役員によると、通常1カ月1,000台の生産を1,200台に増産し、そのうち800台をエルティガの生産にあてる計画だという。

新型エルティガの工場出荷価格は2,720万チャット(=約196万円)。

現在ミャンマー市場の新車販売でトップを走るスズキが新モデル投入でライバルを引き離しにかかっている。

今後は他の自動車メーカーもミャンマー国内製造を開始しユーザーにとっての選択肢も増えることに期待したい。


写真:スズキ・ミャンマー・モーター社

関連記事

  1. 全国の電力の約半分をヤンゴン管区で使用【ミャンマー】

  2. フィリピン乗り合いタクシー「ジプニー」環境汚染・インフラ改善のためスク…

  3. インドネシア 第25回日本留学フェア開催 参加者は過去最高に

  4. 対ドルのチャット相場が下落―1米ドル1,450チャットの予測も【ミャン…

  5. ミャンマー内国企業による事業投資のうち、約4分の1が不動産業への投資に…

  6. ベトジェットエア、ホーチミン~バンドン線を新たに就航

  7. 【FUN! JAPAN Lab】アニメや漫画でおなじみのキャラクターが…

  8. ミャンマー国内最大手のKBZ銀行の支店無認可営業に対し、厳しく罰金を求…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE