【ミャンマー】スズキの新型エルティガ、一週間で4千台超の先行予約

4月26日の新型エルティガ発表会以降、一週間で先行予約が4,000台を超えたとスズキ・ミャンマー・モーターが明らかにした。

市場で人気のあるMPV(Multi Purpose Vehicle)で、価格も適正なことが要因とみられている。新型エルティガは、1,500CCのガソリンエンジンモデル。

プッシュスタート、パーキングセンサー、D型ステアリング、マニュアルエアコン、15インチエアロホイール、9インチタッチパネルなどの装備を備える。

スズキ社のティラワ工場の役員によると、通常1カ月1,000台の生産を1,200台に増産し、そのうち800台をエルティガの生産にあてる計画だという。

新型エルティガの工場出荷価格は2,720万チャット(=約196万円)。

現在ミャンマー市場の新車販売でトップを走るスズキが新モデル投入でライバルを引き離しにかかっている。

今後は他の自動車メーカーもミャンマー国内製造を開始しユーザーにとっての選択肢も増えることに期待したい。


写真:スズキ・ミャンマー・モーター社

関連記事

  1. 【ミャンマー 】JICAによる合計800億の円借款が、ヤンゴン市内の下…

  2. ビジネスSNSプラットフォーム「freeC」に大きな注目。東南アジアの…

  3. 日本女性とコスメ比率が全然違う!「インドネシア20代女性の美容実態」。…

  4. 旅する真空パック器、海を越えてインドネシアへ

  5. 人種の「るつぼ」となっているシンガポール。国際結婚が増加傾向!イスラム…

  6. タイにおける第6号・第7号プロジェクトへの参画が決定 タイでの分譲マン…

  7. インドネシアLRT用車両導入へ!EVタクシーも導入で変わりゆくインドネ…

  8. 最低賃金4,800チャットに引き上げ、適用開始【ミャンマー】

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE