【ミャンマー】スズキの新型エルティガ、一週間で4千台超の先行予約

4月26日の新型エルティガ発表会以降、一週間で先行予約が4,000台を超えたとスズキ・ミャンマー・モーターが明らかにした。

市場で人気のあるMPV(Multi Purpose Vehicle)で、価格も適正なことが要因とみられている。新型エルティガは、1,500CCのガソリンエンジンモデル。

プッシュスタート、パーキングセンサー、D型ステアリング、マニュアルエアコン、15インチエアロホイール、9インチタッチパネルなどの装備を備える。

スズキ社のティラワ工場の役員によると、通常1カ月1,000台の生産を1,200台に増産し、そのうち800台をエルティガの生産にあてる計画だという。

新型エルティガの工場出荷価格は2,720万チャット(=約196万円)。

現在ミャンマー市場の新車販売でトップを走るスズキが新モデル投入でライバルを引き離しにかかっている。

今後は他の自動車メーカーもミャンマー国内製造を開始しユーザーにとっての選択肢も増えることに期待したい。


写真:スズキ・ミャンマー・モーター社

関連記事

  1. ダバオの新しいエコツーリズム「コウモリ観光」 市内の島にはギネス登録の…

  2. バンコクに埼玉国際観光コンシェルジュ開設!埼玉の魅力をタイ国内からアプ…

  3. ネオキャリアの海外サービスブランドREERACOEN、マレーシア・ジョ…

  4. タイ警察 東北下部にて一斉取締り 4000人以上逮捕 半数以上は麻薬関…

  5. 子供地球基金30周年記念 HAPPY EARTH展 開催

  6. 6月20日『世界難民の日』タイ国境難民キャンプにてサッカーフェスティバ…

  7. 非接触で出退勤を管理。AIを用いた製品を提供する地場企業BEET IN…

  8. FinTechベンチャーのグローバルモビリティサービス、4カ国目となる…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE