リッツカールトンバリ、ワールドラグジュアリーホテルアワードで部門受賞!

エレガントでラグジュアリー!リッツカールトンバリが栄誉ある賞を受賞

 

View this post on Instagram

 

Enjoy life to the full 🥇さん(@maip_172)がシェアした投稿 –


バリ島・ヌサドゥア地区に313の客室を有するザ・リッツ・カールトン バリ(所在地:インドネシア バリ島 ヌサドゥア、総支配人:カリム・タヤック)は、権威ある「ワールドラグジュアリーホテルアワード」にて、アジアにおける「ベストファミリーリゾート」部門を受賞しました。

 

View this post on Instagram

 

k38.gramさん(@k38.gram)がシェアした投稿


2006年に設立されたワールドラグジュアリーホテルアワードは、世界各国で高い評価を誇る高級ホテル業界において最も名誉ある賞のひとつ。毎年30万名以上もの旅行者が投票に参加し、世界中の宿泊客、旅行者、業界人からの投票を基に選考が行われます。

ザ・リッツ・カールトン バリは、インド洋を目の前に捉えたラグジュアリーなリゾートホテル。トロピカルでエレガントな雰囲気に包まれた客室は、近代的なバリニーズの高級感を存分に感じられる屈指の人気施設となっています。ホテル内にはスタイリッシュなレストランやバーラウンジ、そして旅行者に高い人気を誇るエキゾチックなスパなどが広がり、さらには魅力的なビーチフロントのウエディングチャペルも備えられ、パーティーシーンにおいても最適です。

 

View this post on Instagram

 

BRIDEs SCENE – ブライズ シーンさん(@bridesscene)がシェアした投稿


休暇に留まらずハネムーンやビジネス利用など、幅広い利用者からの支持を得たザ・リッツ・カールトンバリ。今回の評価を受けて総支配人であるカリム・タヤック氏は

世界的に権威あるワールドラグジュアリーホテルアワードにて、2年連続でリジョナルベストファミリーリゾート受賞という、最高評価を頂いたことを大変誇りに思います。ザ・リッツ・カールトンバリでは、常に思い出深いひとときをお客様へ提供することを信条としており、それはリゾートを訪れるお子様に対しても同様です。ゆったりとしたプライベートプールを有するヴィラやスイートでの豪華なご滞在に加え、ご家族揃って楽しんでいただける多彩なアクティビティやプランを提供することに尽力しています

と語っています。ザ・リッツ・カールトン バリでは、「リッツ・キッズ(Ritz Kids®)」という子ども・ファミリー向けのプログラムが展開されたことも注目されました。リッツ・キッズではクラブハウスやスイミングプールを完備し、ナイトサファリやリトルフィッシャーマン、星空の下で楽しむビーチフロントの映画会など、全ての年齢の子供たちの創造性や向学心にアプローチする多彩なアクティビティが用意され、家族でも楽しめる上質な環境となっています。

関連記事

  1. 2018年のミャンマーの新車販売台数は1.5万台。新車市場のシェア約5…

  2. 現地の消費習慣に合わず?ベトナム進出の日本大手コンビニチェーン苦戦の状…

  3. FinTechベンチャーのグローバルモビリティサービス、4カ国目となる…

  4. 【ミャンマー】去年2月に契約締結されたまま、未だ建設が開始されていない…

  5. 【ザ・リッツ・カールトン バリ】新たなウエディングの需要喚起を目的とし…

  6. EUがミャンマー産米の特恵関税適用を3年間停止へ。新たな販路の開拓が必…

  7. インドネシア地震死者数2000人越え 12以降は大規模な捜索救助活動を…

  8. KINGS GROUPが、シンガポール上場企業SUTL Enterpr…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE