タイム誌が「天才的企業」50社を発表 東南アジアからはシンガポールのあの企業が

タイム誌「天才的企業」50社を発表

 

View this post on Instagram

 

Atsushi Kanechikaさん(@a_kanechika)がシェアした投稿


ニュース雑誌「TIME誌」の最新号にて、2018年の「天才的企業」50社のリストが発表されました。

これは、アイデア、成功度、影響力などを基準に今後も注目すべき50社のリストを公開(順位付けは無し)したものとなります。選定の基準は「将来に向け発明」し、「現在の発展をけん引」し、「次に何をするかの注目に値する」企業を対象として選出し、独創性、影響力、成功度、大望などの要素を考慮したとのことです。

海外企業の中ではAmazon、Apple、ディズニーや、ロケット・宇宙船の開発・打ち上げのスペースX、ネットフリックス、ナイキなどが選ばれています。(全てのリストはこちらのタイム誌公式ページからぜひご覧ください!)

東南アジアからはシンガポール航空が入選

 

View this post on Instagram

 

Hiroさん(@maipenrai_air)がシェアした投稿


この中で東南アジアからは、シンガポール航空(SIA)が唯一選ばれました。アジア全域からは、任天堂、商用ドローン業界最大手の中国のDJI、スマホメーカーのシャオミ(小米科技)が入っています。

SIAは、過去にもイギリス・スカイトラックス社による航空会社の格付けで、実質最高評価の「ザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズ(The World’s 5-Star Airlines)」の認定を得たことで世界からそのサービス・安全内容について注目を受けました。今回の入選により、より世界的な評価を得たと言えるでしょう。

 

View this post on Instagram

 

がんばれドラゴンズさん(@fwjb1586)がシェアした投稿

SIAはシンガポールの代表的な航空会社であると同時に、シンガポールを代表する大企業の1つでもあります。チャンギ国際空港をハブ空港とするシンガポールの「フラッグ・キャリア」であり、アジアのみならず世界でも有数の規模を持つ航空会社です。

日本では2018年3月25日 ボーイング787-10(初号機:9V-SCA)を受領。同年5月3日に、シンガポール~関西線のうち1往復で初就航を行いました。SIAでは最新鋭機材を積極的に導入している結果、使用機材の退役が早いことが特徴であり、保有機の就航年数はが5~6年と世界的にも低くなっています。

 

View this post on Instagram

 

ちゅうさん(@turfwindride)がシェアした投稿

SIAに関する説明でタイムは、英スカイトラックスによる2018年航空会社ランキング、また、旅行サイトのトリップアドバイザーで世界最高の航空会社に選ばれたことを挙げました。SIAの広報担当者は「技術革新をけん引する有力企業に選ばれたことを栄誉に思う」とのコメントを発表しています。

関連記事

  1. 【ミャンマー】1カ月のインターネット使用料金が約3億ドル。市場規模…

  2. 日本・韓国・中国・インドに続いて、ドイツ・フランス・イタリアに対しても…

  3. 14億円超の投資でヤンゴン管区内のバス停を近代化へ【ミャンマー】

  4. プラスチックごみ削減「2Bigキャンペーン」実地 有機農業も活性化で自…

  5. ミャンマーにおける外国人観光客向けのカジノが合法化へ。改正賭博法が国会…

  6. ヒューマンリソシア、海外ITエンジニア採用フェア「Japan IT J…

  7. 軽油税増税、道路税割戻し、発電業者に炭素税を導入……激動のシンガポール…

  8. ミャンマー内国企業による事業投資のうち、約4分の1が不動産業への投資に…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE