音楽フェスティバル「Wonderfruit2018」タイ・バンコクで開催決定!

対最大級の野外イベント「Wonderfruit」

タイで「Wonderfruit」を主催するScratch First Co.,ltd(本社: タイ、代表取締役: Pranitan Pete Phornprapha)と、ボンファイア株式会社(本社: 東京、代表取締役: 山田一慶、以下)は、「Wonderfruit 2018」の日本におけるPR業務を開始しました。

「Wonderfruit(ワンダーフルーツ)」は、芸術や音楽、ライフスタイル、自然をテーマにしたタイ最大級の野外イベントです。

2014年の誕生以来、タイ国内はもちろん、アジア、欧米からのファンを増やし続けてきた同イベントであり、全4日間に渡り6つのテーマに分けられた様々な体験型イベントがぎっしりと詰め込まれています。

前回となる2017年開催時は、例年に引き続きタイ東部のビーチリゾート・パタヤに位置するゴルフクラブ「The Fields at Siam Country Club」が会場となり実地されました。

2018年の開催日、第一弾アーティストなどが発表!

5回目の開催となる今回は全4日間に渡り、アートとサステナビリティ画期的かつクリエイティビティ溢れるプラットフォームと共に祝います。世界のミュージシャンによるライブミュージックやDJ、トークショーやワークショップ、最先端の建築やアートなど、盛りだくさんのメニューで観客を大いに盛り上げます。

2018年の開催は、12月13~16日。日程の発表に伴なって、参加ミュージシャン第一弾・今後ずっと使用していく新しい会場の計画が公表されました。美しいタイの秘境へが紡ぐアートの祭典に期待が高まります。

美しく広大な会場。自然を守るためのセオリーも

今年のWonderfruitの新しい会場は、前回同じサイアム・カントリー・クラブの敷地内。今までの会場からほんの1km移動したところにあり、会場が大きくなっただけではなく、地形が様々になったことが大きな変化です。今後も「サステナビリティな完全持続可能なフェス」を理想的なカタチで開催することができるとされています。

また会場はとても緑豊かで自然が美しい場所。周囲では木陰を作るココナッツ・プランテーションや熱帯の常緑樹、手つかずの湖やビーチ、そして山の向こうに見える素晴らしい日の出・日の入が楽しめます。そんな自然の美しさを守るため、「使い捨てビニール袋ゼロ」ポリシーを新しい会場でも導入していきます。

宿泊施設のチケットも販売開始。タイの秘境でアーティスティックな時間を

宿泊場所のチケットも販売が開始されています。購入に関する詳細はWonderfruitのウェブサイトをご覧ください。

本国ウェブサイト:http://wonderfruit.co/ 

日本ウェブサイト:http://wonderfruit.jp/

お問い合わせ先:
Bonfire Inc. PR担当:山田一慶
kazuyoshi.yamada@bonfire.co.jp

関連記事

  1. 一風堂、タイ バンコクに連続出店! タイ10号店を6/28(木)オープ…

  2. 米中貿易戦争の影響はどこまで?Brooks Runningが製造をベト…

  3. ハノイのACミランサッカースクールが今年11月に開校決定 開校決定に伴…

  4. 旧正月明けの採用ラッシュを支援 日系Talenty、リファラル採用プラ…

  5. ベトナム人気の高い無印良品 2020年春にホーチミンに同国初出店

  6. マリオット・インターナショナルとワン・バンコクがバンコク初となるリッツ…

  7. 吉本興業がアジア動画配信大手「iflix」に出資

  8. 【法人設立】日系人材派遣サンウェル、アジア3カ国目となるハノイ現法設立…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE