桐原書店 フィリピンセブ島の語学学校FEAで「おもてなし英会話コース」6月1日開講

検定教科書や学習参考書の出版を手がける株式会社桐原書店(本社:東京都新宿区 代表:斉藤 智、以下桐原書店)。その桐原書店グループであるフィリピンセブ島の語学学校(FEA:Firstwellness English Academy)において「おもてなし英会話コース」が開講されます。

日本の「おもてなしの心」を伝える英語教材

監修を務めるのはFEA英語学習アドバイザー である藤井哲郎(東京慈恵会医科大学教授)教授。 教科書として使用されるのは、藤井教授本人による著書『「日本大好き!」になってもらいたい心づくしの英会話』。これは藤井教授が東京慈恵会医科大学英語研究室での指導経験を生かし2020年東京オリンピック開催をにらんで制作、出版された書籍となります。

日本人学習者に合ったアクティビティを講座の中に取り入れ、フィリピン人講師による指導の良さを活かし、外国人の友人へ「おもてなし」をするための英会話力向上を実現できる講座内容として展開していきます。トラベル英会話やサバイバル英会話を実践したい方にも最適の内容となっており、フィリピン人講師に日本人の価値観や日本の文化を伝える好機ともなることが期待されています。

(参考:藤井哲郎氏 著書『「日本大好き!」になってもらいたい心づくしの英会話』https://www.kirihara.co.jp/cebu/kokorozukushi/

監修者【藤井哲郎】教授プロフィール

  • FEA英語学習アドバイザー 藤井哲郎 東京慈恵会医科大学 英語研究室教授。
  • St. Michael’s College MATESL(英語教授法修士)。
  • アレックス英会話学院、東京YMCA英語専門学校、玉川大学、文教大学などで講師を務め、国際基督教大学英語教育課程のコーディネーターを経て現職。
  • 著書に『TOEFL完全模試』(アルク)、『一流の朗読で聴く名文』(マクミラン)、『TOEICテスト究極単語』(語研)、『音読で身につくTOEICテスト英単語』(桐原書店)など。

講座の独自特色

講座内容としては、留学先として人気のセブ島で1日8時間の完全マンツーマンによる一週間集中トレーニング(1コマ50分+10分休憩)を実践します。当コースオリジナルのテキスト『「日本大好き!」になってもらいたい心づくしの英会話』に収録されている169のフレーズを体得する事で、挨拶・道案内・食事の招待・観光ガイドなど、“おもてなし”の場面で想定される様々な状況に対応可能なスキルが身につきます。

さらに本プログラムを履修することで、リスニング力に加えてスピーキング力が同時に上達するシャドーイングのメソッドが身につき、留学後も発話した内容を忘れることなく、英会話力を継続的に向上することが可能となります。特色を総括すると、

  1. 外国人に通じる正しい発音が身につく 
  2. 英語での“おもてなし”能力が身につく
  3. 英会話の効果的な学習方法が身につく

以上を本講座の目標として掲げています。

【FEA英語学習アドバイザー 藤井哲郎 コメント】

「コミュニケーションの目的とは、お互いの距離を近くするため、より親密になるため、仲よくするためです。本校採用の講師は、誰もがとても人なつっこく、すぐに仲よくなれます。そのままのあなたを受け入れてくれる安心感をもって、間違いを恐れることなく話すように励まされます。発想を変えて、まず口数を増やす、と心がけてください。間違いはその場で言い直せば良いだけです。すると一週間で、身の回りの用事、買い物や道案内などができるようになりますので、覚えた表現はすぐに、近くのショッピングモールやレストランで試してください。意思の疎通がうまくいったら、自分を誉めてあげてください。 そして帰国後は、テキストを開いて、セブ島での会話を反芻します。講師の表情や声の調子を再現できたら、もうあなたの頭の中に、英語会話の相手ができたことになり、自律学習が続けられます。みなさまに英語で人と親しくなる機会が沢山ありますことお祈りしています。」

【桐原書店 代表取締役社長 斉藤 智 コメント】

「東京オリンピックを2年後に控え、海外からの訪日観光客も増加の一途を辿るいま、共通語である英語で客人をもてなすスキルの養成は、観光業に携わる人に限らず、一般の人にも広く求められています。ホスピタリティ精神あふれるフィリピン人講師から、やさしくて実践的な「おもてなし英語」を楽しく学べる当講座は、オリンピックなどの国際イベントでボランティアをしたい方、訪日客に日本の良さをもっと知ってもらいたいと思っている方、初級レベルでも旅行英語、日常会話に飽き足りない方などに最適だと思います。」

■株式会社 桐原書店について

同社は、2016年に創立50周年を迎え、また2017年11月に図書印刷株式会社のグループに入り、「使える英語」、「話せる英語」が身につく教材、サービスの提供に向けてますます積極的な取り組みを展開しています。2017年8月にはフィリピンセブ島の語学学校Firstwellness English Academy (FEA)を完全子会社化し、当社が長年培ってきた英語教材づくりのノウハウと、FEAの外国人講師による質の高い個人英会話レッスンを組み合わせることで、日本人に最適化した語学留学プログラムや、今後学校市場で需要の拡大が見込まれる四技能対応英語教育コンテンツ、「話す」「書く」を含む新大学入試や外部英語資格試験の対策講座などの提供を実現することで、教育環境の変化に対応しています。

関連記事

  1. イオンのカンボジア2号店「イオンモール セン ソック シティ」5月30…

  2. コンゴ紛争で性暴力にあった女性の支援に「ふるさと納税」を活用 目標金額…

  3. アジアリーグ主催テリフィック12 出場チーム発表。日本、フィリピン含め…

  4. インドネシア地震原因解明 北海道と地震被害国で支えあう観光と復興

  5. ダパオにヨーロッパの技術を使った排水処理施設設置 今年中にも建設完了に…

  6. アジア・太平洋諸国の農業関係者が来日

  7. 12/4(火)カンボジア障がい者支援活動報告会 ―心のバリアを取り除く…

  8. フィリピンGlorietta Activity Centerで『HAB…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE