アジアカップ日本がベトナムに勝利 初導入VARの成果に欧州メディアも注目

VARに泣かされVARに救われた日本 欧州からのコメントも

 

View this post on Instagram

 

nya-miさん(@liuweiziliutian)がシェアした投稿

今月24日に行われたアジアカップ準々決勝日本vsベトナムにて、1-0で日本が勝利。日本代表が2大会ぶりの4強入りを決めたました。このことについて欧州メディアも大きく伝えています。

フランスメディア『france24』は「大会で初採用された歴史的なVAR(ビデオアシスタントレフェリー)は日本に味方し、ベトナムを撃破した」との見出しで「アジアカップにおいて(準々決勝から)VARがついにデビューを果たした。堂安律が敵陣で倒された判定はPKとなった。そしてその前には吉田麻也のゴールが取り消されるというシーンにもVARは関与している」と報じました。

 

View this post on Instagram

 

chie nakanishi(nomizo)さん(@c8tomhaku)がシェアした投稿

ポルトガル『zerozero』も日本の勝利について「57分に堂安律が決めた唯一のゴールは、アジアカップで初めて採用されたVARによるものだった。一度相手DFブイ・ティエン・ドゥンに倒されたが主審はそのシーンを流した。だが、結果としてVARによって日本にPKが与えられることに」と伝えています。また同記事では「日本はすでに準決勝へ勝ち上がった。次はカルロス・ケイロスが率いるイラン、もしくは中国と戦う予定(※イランが中国を3-0で下し、イランが準決勝へ)だ」と続けました。

ポルトガル人のカルロス・ケイロスがイラン代表を率いていることもあり、セミファイナルの対戦相手となる日本vsベトナムの一戦には高い関心を寄せていたと考えられます。 2大会ぶりの4強進出を果たした日本にとって、今回のベトナム戦はまさに「VARに泣かされVARに救われた」とも言える内容。VARはアジアカップにおいて、今大会のクォーターファイナルより導入されたことから、欧州メディアにとってもアジアカップでVARがどのように用いられるのか、注目を集めていたことを伺わせます。

GKを脅かした堂安律にベトナムメディアも賞賛

 

View this post on Instagram

 

サッカーキングさん(@soccerkingjp)がシェアした投稿

また今回の試合で特に注目されたのは、VARにより取得した決勝PKをマークした堂安律選手。ベトナムメディアも称賛の言葉を送っています。ベトナムの『VTC NEWS』は、PKを決めた堂安について「武藤嘉紀、原口元気、柴崎岳といった、プレミアリーグ、ブンデスリーガ、ラ・リーガでプレーするスターたちに比べると、経験はないが、彼の顔は明らかな自信を示していた」と、その堂々たる振る舞いを称賛しました。

「蹴り込んだ(PK)シュートは決して危険ではなかったが、GKダン・バン・ラムを倒すのに十分なものだった。彼のPKは、ベトナムチームがアジアカップで少しばかり後悔しながら旅を終えるゴールになった」と、ベトナムにとっては手痛い一撃になったことを認めています。

関連記事

  1. 揺れるアジアのファッション産業 勝ち馬ベトナムに続くのは?ベトナムは革…

  2. 旧正月明けの採用ラッシュを支援 日系Talenty、リファラル採用プラ…

  3. 日本女性とコスメ比率が全然違う!「インドネシア20代女性の美容実態」。…

  4. 2018年のミャンマーから国外への派遣者は22万人超に。最多はタイ。日…

  5. マレーシア アジアのインフルエンサー産業の発展を目的としたシンポジウム…

  6. 日本語学習者に無料で高品質な「先生」を! ベトナムにて、初の無料の日本…

  7. ASEANコネクテッドカー事情 ①

  8. 米中貿易戦争の影響はどこまで?Brooks Runningが製造をベト…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE