第11回 トッパン チャリティーコンサートを開催

国際社会の課題である「識字能力の向上」を支援する社会貢献事業として2018年6月1日に開催

凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、2018年6月1日(金)に、「第11回 トッパン チャリティーコンサート」を開催します。
「トッパン チャリティーコンサート」は、凸版印刷が国際社会の課題である「識字能力の向上」を支援する社会貢献活動として2008年から毎年開催しています。
第11回となる今回は、現代フルート界のトッププレーヤーであるカール=ハインツ・シュッツと、最年少でウィーン国立歌劇場管弦楽団の楽員となり、現在はソリストとして活躍する若きハープ奏者サラ・クリストの二人が奏でる気品にあふれたかぐわしい音色をお届けします。
本コンサートの収益は全額、公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター(以下 ACCU)に寄附し、同団体が推進する識字教育支援活動の資金として活用されます。

第11回 トッパン チャリティーコンサートの概要

日時 2018年6月1日(金)   19時開演
会場 トッパンホール (東京都文京区水道1-3-3)
出演 カール=ハインツ・シュッツ(フルート)
サラ・クリスト(ハープ)
席数 408席
チケット 全席指定 6,000円(消費税込み)
※未就学児童入場不可、託児サービスあり(有料、要予約)
チケット申込 トッパンホールチケットセンター(http://www.toppanhall.com/)、
チケットぴあ(https://t.pia.jp/
主催 凸版印刷株式会社
寄附先 公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター

■ トッパン チャリティーコンサートを通じた途上国の識字能力向上支援活動について

凸版印刷は1900年の創業以来、印刷を核としたさまざまな事業を通じて「情報・文化の担い手として」という企業理念の実現を目指し、文化や芸術の発展、印刷業界全体の発展に寄与してきました。社会文化貢献活動としては、創業100周年の2000年に開設した「印刷博物館」、クラシック音楽専門のコンサートホール「トッパンホール」などを中心に、さまざまな活動を展開してきました。

2006年9月に、国連が提唱する「グローバル・コンパクト」への参加・支持を表明したことを契機に、よりグローバルな視点に立った社会貢献活動の重要性を認識し、2008年から「トッパン チャリティーコンサート」を毎年開催。このコンサートの収益金を、途上国の女性、特に幼い子どもを育てる母親や妊産婦の識字能力の向上を支援すべく、ACCUがカンボジアで実施している「SMILE Asiaプロジェクト」の活動資金として寄附しています。プロジェクトでは、識字教育のほかにも母子のための保健衛生やライフスキルに関わるカリキュラムを実施することで、生活レベル向上に向けた支援も行っています。

関連記事

  1. 一風堂、フィリピン マニラ屈指の大型ショッピングモール「Greenbe…

  2. インバウンドPRの新たな進化。動画に直接CMを組み込む「インフルエンサ…

  3. 吉本興業がアジア動画配信大手「iflix」に出資

  4. カンボジア・ジャパンハートこども医療センターの業務改善を「トヨタ生産方…

  5. こんな校舎で学んでみたい!世界各国の学校をめぐる写真集『世界の美しい学…

  6. ASEANコネクテッドカー事情 ①

  7. バンコクで、3ヶ月で寿司職人になれる!語学も学べるカリキュラムで海外進…

  8. パタヤに巨大ショッピングモール!日本テナントも数多い「ターミナル21・…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE