タイで3年以上の実績を持ち、アジアへの海外進出を協力にサポート!”海外拠点と日本国内とのミスコミュニケーション改善”のスぺシャリストが事業拡大!

STREET SMART(Thailand) Co. Ltd. (ストリートスマートタイランド)は、Googleのクラウドツール『G Suite』をはじめ、企業向けクラウドツールの導入支援やコンサルタント業務、またGoogleとの共催セミナーなど、企業の業務効率化やチェンジマネジメント事業をタイ国内に限らず、ASEAN全域へと事業して参ります。

詳細:http://www.master-apps.jp/asean-lp

急増しているASEAN諸国への日系企業の進出
タイやベトナム、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポールなどのASEANを中心とした国々への日系企業の進出が年々増加しています。
なかでも、インドネシアやベトナムへの進出企業数は前年度比 +6% 以上と勢いが衰えませんが、それに伴い、文化や言語、商習慣の違いを発端とするビジネス上の課題にぶつかり、売上の増加に苦戦している企業も少なくありません。

国が違うことで起きる、仕事に関する考え方や意識の違い。また言語の違いも兼ね合い、日本側の求めるスピードが要望通りにいかないことケースが多く起きています。
ASEAN各国は日本との時差が2〜3時間ほどであり、実は、物理的な距離や時差はさほど大きな課題にはなりません。むしろ、課題として必ずと言ってもいいほど挙げられるのは、“海外拠点との認識のズレや違い”によるものです。
当然のことながら、現地の法律や商習慣、スタッフをマネジメントする上でも重要となる文化的な背景などが日本のものとは異なるために、日本では当たり前のことが全く通用しなかったり、その逆もまた多く起こり得ます。ある程度想定はしていても、やはりこの課題にぶつかることはほとんど避けられず、その国にあったやり方、本当に現地側で求めている解決法などに向き合う必要があります。
日本国内での8年、タイへ進出して3年の実績と経験が、多くの企業様の問題を解決できる自信となっています。
弊社の提供する “G Suite” をはじめとする企業向けクラウドを用いることで、海外拠点の立ち上げ・展開拡大時に生じる様々な課題に対して有効な対策を講じることが可能です。全世界で300万人以上のユーザーを抱えるグローバルなツールで、強固な情報共有・コミュニケーション基盤を築くことが、海外拠点でのビジネスを飛躍させます。
  • 詳細:http://www.master-apps.jp/asean-lp弊社は、Google社が提供するクラウド型ビジネスツール”G Suite”、この導入支援やGoogle共催でのセミナーの運営、また世界で2社だけのGoogle認定の人材を抱えるなど、Googleという考えや想いを企業に最適化する”翻訳家”として、数多くの企業様のお力になってきました。現在、海外へ進出している企業様の問題をお気軽にご相談ください。様々な観点から、打開策をご提案させていただきます。
    お問い合わせ
    info@street-smart.co.jp/
    株式会社ストリートスマート
    http://street-smart.co.jp/
    STREET SMART (Thailand) Co., Ltd.
    http://www.street-smart.co.th/en/

    【株式会社ストリートスマートについて】
    ストリートスマートは、Googleより世界でたった2社だけが認定を受けた会社です。
    Googleの提供するクラウドツールである”G Suite”のスペシャリストとして、日本国内でも様々な企業様より導入支援や運用コンサルティング、またGoogleのオフィスがある六本木ヒルズで開催される、Google共催セミナーの開催など、働き方改革を担う企業様のパートナーとなれる活動をしています。

関連記事

  1. 日本スポーツ界に途上国発の人材育成プログラムが導入カンボジアで展開する…

  2. 230カ国を対象にした「2019年 最安モバイル通信料ランキング」でミ…

  3. フィリピンGlorietta Activity Centerで『HAB…

  4. KDDIがベトナムのDEEP C(ディープシー)工業団地でIoTの実証…

  5. ダバオの交通渋滞問題。新しいバスシステムと土地の駐車場転用での免税で解…

  6. アジアのNo1クリエーターを決める!GATSBY CREATIVE A…

  7. シンガポールとマレーシアの領空・領海紛争が緊張緩和で合意

  8. タイで電子タバコ所持の外国人が続々逮捕に ナイトマーケット摘発で逮捕者…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE