シンガポールNETS 経営幹部 Alvin Seck氏 ニッポンプラットフォームとともに日本における事業展開を促進するため来日     

〜シンガポール人に大人気の北海道で地域の要人に表敬訪問〜

「日本をキャッシュレス化する」「中小個人商店を中心とするおみせ活性化を起点とした地域創生・地方創生の実現」をビジョンに掲げ、様々なキャッシュレスソリューションを提供するNIPPON Platform株式会社(東京都品川区、代表取締役会長:高木 純、代表取締役社長:菱木 信介、以下ニッポンプラットフォーム)、は、シンガポールNETS社 加盟店・決済サービスの責任者であるAlvin Seck Alvin Weng Kin氏の来日を機に、訪日シンガポール人の利便性向上と中小個人商店を含む地域のインバウンド対応を促進することになりました。

写真左から
札幌市議会議員 中川賢一氏
NETS社 店舗・決済サービス部門 責任者 Alvin Seck氏
ニッポンプラットフォーム 代表取締役会長 高木 純氏

1背景
2018年12月、ニッポンプラットフォームとシンガポールNETSが業務提携を行うことが発表され、NETS提供のQRコード決済サービス NETS Pay(ネッツ ペイ)が日本で利用可能になりました。
ニッポンプラットフォーム100%子会社のNIPPON Tablet株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:武田 知之、以下 ニッポンタブレット)が中小個人商店に無料レンタルするタブレット端末上で、訪日シンガポール人観光客が、タブレット上に表示されたNETS QRコードを各種モバイルアプリで読み取る事QRコード決済が可能になります。対象となるモバイルアプリはNETSの提供する『NETS Pay』、DBS銀行の提供する『DBS PayLah』、華僑銀行の提供する『OCBC Pay Anyone』、ユナイテッド・オーバーシーズ銀行が提供する『UOB Mighty』の4つです。現在、日本国内でNETS QRコードによるQRコード決済が利用できるのは、ニッポンタブレットのタブレット端末のみです。
また、北海道はシンガポール人に非常に人気の高い観光地であり、特に雪まつりは有名なイベントでもあることから、Alvin Seck氏は訪日シンガポール人へのPR効果が高いさっぽろ雪まつり期間に来日し、視察と現地で要人との対応、また、東京ではセミナーへの登壇も行うことで、今後、日本におけるNETSの事業展開を加速する基盤を構築しました。

2北海道表敬訪問 概要
2月8日には、札幌市内で、北海道でのNETSの事業展開を推進する基盤を構築するために北海道経済界の要人を表敬訪問されました。
概要については、下記になります。
10:15~ 札幌市町田副市長への表敬訪問
11:00~ 北海道放送松本常務への表敬訪問&取材
12:30~ NIPPON Platform 雪まつり会場ブース来訪
(さっぽろ雪まつり大通り公園7丁目フィンランド広場)
NETS決済の実演
14:00~ 札幌観光協会柴田会長への表敬訪問
16:30~ 北海道新聞本社竹ヶ原本部長への表敬訪問

3. 5回一般社団法人日本キャッシュレス化協会主催特別セミナーのご案内
2019年2月12日 「第5回一般社団法人日本キャッシュレス化協会主催特別セミナー」を開催します。
シンガポールNETS社から、店舗・決済サービスの責任者であるAlvin Seck(アルヴィン セック)氏をお招きし、シンガポールの決済事情とNETSが取組む事業展望についてお話頂きます。
日本キャッシュレス化協会専務理事 高木氏の登壇に続き、トークセッションを行います。
高木氏がモデレーターとして、NETS社 Alvin Seck氏、東南アジアから観光客を迎える自治体の取り組みとして、北海道帯広市政策推進部東京事務所の井上猛所長にもご登壇頂き、活発な意見交換が行われる予定です。参加費は無料、大変に貴重な講演となりますので皆様、奮ってご参加下さい。

【第5回一般社団法人日本キャッシュレス化協会主催特別セミナー:概要】

■日時:2019年2月12日(火)
13:00受付開始
13:30セミナー開始
13:45NETS社 Alvin Seck(アルヴィン セック)氏 登壇
15:00日本キャッシュレス化協会  専務理事 高木氏 登壇
15:30トークセッション
16:00セミナー終了 質疑応答
16:15終了予定

■会場:TKP東京駅セントラルカンファレンスセンターカンファレンスルーム10C
〒103-0028東京都中央区八重洲1-8-17 新槇町ビル10階
https://goo.gl/maps/e4HVc8ikzNF2

詳細は、下記URLをご参照ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000040904.html

4.今後の展開
シンガポールは人口約561万人の小さな国ですが、6億4739万人のASEAN加盟10カ国の東南アジアのゲートウェイとして機能しており、成長著しい東南アジアを征するためには、シンガポールマーケットは無視できません。このシンガポールで、人々の生活に根付き、ゆりかごから墓場まで、生活の上で欠かすことのできないNETS Payの独占契約をニッポンプラットフォームが取得したことは非常に大きな価値があります。まずは、北海道の観光誘致を皮切りに、日本国内でのNETS Pay利用を促進させることで、訪日シンガポール人の観光消費額を増大させてとともに、地域の活性化と中小個人商店を中心とする商店街の活性化を促進させます。あわせて、日本企業のシンガポール進出と現地でのキャッシュレス決済のサポートを行うことで、日本とシンガポール両国の経済発展につながることを祈念しています。

5Alvin Seck氏の略歴
Alvin Seck 1971年7月12日シンガポール出身 47歳
英国 グラスゴー大学卒業 電子電気工学 優等学位 取得
英国 ストラスクライド大学院 ビジネススクール 修了 経営学修士(MBM)取得
NETS 社の店舗・加盟店・決済サービスの責任者 (序列はCEO、COOに次ぐ3番目)
4万加盟店、10万以上の利用可能店にサービスを提供するとともに、 顧客基盤の管理を行っています。
また、シンガポール国内で年間180億ドル以上(2兆円規模)の取引を管理しています。

■NIPPON Platform株式会社につて
本 社:〒141-0021 東京都品川区上大崎2-14-5-3F
H  P:https://nippon-platform.co.jp/
代 表:代表取締役会長 兼 海外事業CEO 高木 純
代表取締役社長 兼 国内事業CEO 菱木 信介
設 立:2016年10月
資本金:502,487,400円(資本準備金含む)
事業内容:スマート決済プラットフォーム事業、おみせプラットフォーム事業
顧 問:橋田 浩一(PLR*1技術顧問)
(東京大学 大学院情報理工学系研究科 ソーシャルICT研究センター教授)
*1自律分散型の集めないビッグデータを実現するための技術。
PDS (Personal Data Store) の一種で個人生活録(PLR: Personal Life Repository)のこと。

■一般社団法人日本キャッシュレス化協会について
所 在 地  :〒104-0061 東京都中央区銀座1-14-5銀座ウィング南3F
電     話 :03-6328-2636
H       P: http://cashless-japan.org
設  立:2017年11月
活動内容:日本のキャッシュレス化を推進する企業や団体への支援等
代表理事:川野 祐司(東洋大学 経済学部 国際経済学科 教授)
顧  問:宮路 拓馬(衆議院議員)
木原 誠二(衆議院議員)
中川 賢一(札幌市議会議員)

関連記事

  1. インドネシア地震死者数2000人越え 12以降は大規模な捜索救助活動を…

  2. トランスコスモス、「アジア10都市オンラインショッピング利用動向調査2…

  3. 【ミャンマー】ネット通販でのトラブルが増加傾向

  4. 東南アジアでワークシフト時代の新しいビジネスパーソンのプラットフォーム…

  5. 2032年五輪招致へ。第18回アジア大会金31個でインドネシア総合4位…

  6. 日本語学習者に無料で高品質な「先生」を! ベトナムにて、初の無料の日本…

  7. インドネシア初!バリ島のリゾート仮想通貨「BALI(バリ)」を発行

  8. セブ島人気アクティビティ「ジンベイザメウォッチ」の値上げ。そこに隠され…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE