世界にとって存在意義のあるスタートアップを創り出す! ICMGシンガポールがVCC (Venture Co-Creation) プラットフォームをOriggin と共同運営

株式会社ICMG(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:船橋 仁)のグループ会社であるICMG Pte Ltd(所在:シンガポール)は、2018年11月15日(木)に、シンガポール企業であるベンチャービルダー・投資会社のOriggin Pte Ltdと、Venture Co-Creationプラットフォーム(以下、 VCC )を共同運営する契約(VCC Joint Organizer Agreement)を締結いたしました。

ICMG Pte Ltdは、世界にとって存在意義のあるイノベーション(Purposeful Innovation)を創り出すという大目的に基づき、大企業に対するオープンイノベーションサービスを提供する中で、この度、スタートアップ自体を創業する取り組みを本格展開することと致しました。

VCCとは、シンガポールのDeeptech(最先端の科学技術)に基づき、官民一体となってスタートアップを創業すると共に、大企業とのコラボレーションにより事業共創する枠組みです。現在はシンガポール科学技術研究庁(ASTAR)と提携しており、NUSなどのアジアトップ大学とも連携しながら、既にVCCによって21社のスタートアップが創業され、大企業との共創を通じて事業を加速させています。

VCCにより創出されたスタートアップはシンガポール政府より強力な支援を得て、ビジネスの実証実験(POC)から顧客開発を迅速に進める事が可能となり、まさに国策スタートアップを創出する取り組みです。また、大企業にとっては、シンガポールで官民一体となって創り出すビジネス実証実験(POC)の機会を自らのビジネスモデルイノベーション創出、新規事業創出に活用することができます。

【設立目的】
世界にとって存在意義のあるスタートアップを、シンガポールを含むアジアのDeeptechに基づいて創業し、大企業とのコラボレーションにより事業共創を実現します。スタートアップの事業加速・大企業との共創を官民一体となって推進し、世界の未解決課題の解決を加速します。

【基本活動】
VCCとして設定したテーマや大企業のイノベーションテーマに基づき、有望なDeeptechの探索とスタートアップを創業します。さらに、 VCCによって創業されたスタートアップが、シンガポールで官民一体となって創り出すビジネス実証実験(POC)の機会に対して大企業のパートナーとしての参画を募り、共同POCの企画・推進、共同事業の企画・推進を通じ、大企業との共創を実現します。

【大企業にとってのVCCの存在意義】
大企業は、戦略課題やイノベーションテーマに基づくビジネスモデルイノベーション創出・新事業創出の加速の実現だけでなく、シンガポールの潜在力を活用するためのエコシステムへの参画が可能となります。
・シンガポールの国策スタートアップへの早期アプローチ・事業共創
・VCCスタートアップが創り出すビジネスの実証実験(POC)機会への参画
・VCCスタートアップを通じて、シンガポール政府やスタートアップなどのエコシステムへの参画

【大企業にとっての参画方法】
・ICMGデジタルプラットフォーム(Facebook/LinkedIn)上での最前線の情報獲得
Facebook: https://www.facebook.com/icmgsingapore/
LinkedIn: https://www.linkedin.com/company/icmgsingapore/
・VCCスタートアップとのコラボレーションを目的とした各種プログラムへの参画

【VCC参画各社の概要と役割】

ICMG Pte Ltd・・・コーポレートイノベーションアクセラレーター。日本/アジアにおける大企業とのイノベーション経営の共同推進、オープンイノベーションによる成果創出等で豊富な実績を保有し、VCCのグローバル戦略の立案・実行、大企業・ベンチャーの共創プログラムの企画・運営等により成果創出を先導します。

Oiggin Pte Ltd・・・ベンチャービルダー・投資会社。シリアルアントレプレナー(連続起業家)であるメンバーによ官民一体でのベンチャー創業を複数実現してきた実績を保有しており、アジア各国政府・政府機関・民間企業との連携、Deeptechの目利き、ベンチャー創業を先導します。

ASTAR(Agency for Science, Technology and Research)・・・シンガポール政府研究機関。国家ビジョンである「イノベーション国家」「スマートネーション構想」を実現するための最先端の技術開発をしており、Deeptechの発掘・産業連携を先導します。

関連記事

  1. EUがミャンマー産米の特恵関税適用を3年間停止へ。新たな販路の開拓が必…

  2. 【ミャンマー 】JICAによる合計800億の円借款が、ヤンゴン市内の下…

  3. ダバオの新しいエコツーリズム「コウモリ観光」 市内の島にはギネス登録の…

  4. 新たな規制緩和の動き。ミャンマーで生産される21品目について、外国企業…

  5. 【ミャンマー】年内にも貿易事業者に対して、外国銀行が直接融資可能に。ミ…

  6. ダバオの交通渋滞問題。新しいバスシステムと土地の駐車場転用での免税で解…

  7. イタリアの強豪サッカークラブACミラン 東南アジア唯一となる公式スクー…

  8. 身長93cmのIT企業女性社長、努力と家族の愛で起業

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE